お母さんのための救急講座
市が主催している、「お母さんのための救急講座」に行ってきました。
20組くらいの0歳児の赤ちゃんとお母さんが和室に集合。
月齢はさまざまで、一番小さい子で3ヶ月くらいかな~。

最初は童歌遊びから。うちのちび太は不機嫌でぐずぐず・・・。
ちょっと授乳間隔調整に失敗したかも。とほほ。
隅っこで授乳させてもらいました。
ぐずぐずする度にスタッフの方が飛んできて、抱っこしてくれたり、あやしてくれたりでした^^;

その後、市の消防隊員の方々(屈強!)が到着し、心臓マッサージや人工呼吸のやり方を
見せてくださいました。
1歳未満の赤ちゃんとそれ以上の月齢の子と、方法が違うんだね~。
他、AEDの使用方法とか、119番通報のタイミングとか、
家の中での事故を防ぐポイントのスライド。1.5時間くらい。
誤飲したときの吐き出させ方もありました。
とてもためになったけど、いざ実際にそういうシチュエーションになったらできるだろうか^^;
でも、万が一のことを考えて、参加しておくだけでもよかったです!

消防の方の話だと、夜中119番通報し、受け入れ先の病院だけ消防に探させて、
(消防の方も必死に病院を探し、病院側に伝える)結局「やはりいいです」となったり、
いわゆる「コンビニ受診」も増えているので、病院だけ紹介すると言うことはやらないそう。
難しいですよね・・・。コンビニ受診は控えたいけど、自分で判断するのが難しいこともあるし。
明らかに悪質なものはもちろん嫌だし常識を疑うけど、いざとなったら・・・を考えて
きちんと事前に勉強しておくべきだな~と思った。
[PR]
by y367 | 2008-07-23 18:46 | 4ヶ月
<< 五ヶ月になりました 初遠出 >>